3R検定にベジタリアンのスタイルを紹介「サステイナブルな未来は毎日の食から」

「サステイナブルな未来は毎日の食から ベジタリアンというライフスタイルが地球に優しいワケ」と題し、NPO法人ベジプロジェクトジャパン代表の川野陽子が3R検定のコラムを執筆しました。

3Rとは、地球環境のために気を付けるべき、Rから始まる3つのキーワード、

REDUCE(リデュース:ごみの量を減らそう)、RECYCLE(リサイクル:資源として活用しよう)、REUSE(リユース:繰り返し使おう)です。

「地球のことを考える行動はたくさんありますが、その1つにベジタリアンの食生活やそれを心がけることがあることも、ぜひ知っていて頂けたら」と本文にあるように、環境のことを意識している方にも、ベジタリアンのライフスタイルが地球に優しいことを知って頂けたら大きな力になると思います。

地球環境と食生活がどう繋がっているのか、なぜベジタリアンの食生活が地球に良いのか、川野自身の経験や考えとともに紹介されています。

記事内で紹介されているベジタリアンと地球環境についての関係の一部がこちら。

1.肉の生産にはその何倍もの穀物・野菜が必要
例えば、1kg の牛肉を作るに10kgの穀物や野菜が必要で、人が直接穀物を食べる方が効率的。

2.地球温暖化に関して
家畜産業に起因する温室効果ガスの排出量は、車・飛行機・フェリー等、全ての交通機関からの総排出量よりも大きいと国連が発表しています。

3.資源に関して
家畜産業のシステムは地球の土地全土の45%を使用、淡水の20-33%を使用しているそうです。

家畜動物についての記載も。

”工場畜産”での動物の扱われ方、動物の排泄物や血が土地や海を汚染していること、動物に投与される抗生物質のことにも触れています。

気になる方は、ぜひ全文を読んでみてくださいね!こちらから。→ 「サスティナブルな未来は毎日の食から」

2018-04-15T11:03:11+00:002月 4th, 2018|