10月20日、ベルリンから初来日したアンダーソン・サントス(Anderson Santos)氏による
ヴィーガンチーズレクチャーを、ベジプロジェクトとの共同開催で行いました。

Photo: 第二部のみなさんと

アンダーソン氏は、自身のブランド「カシューバーツ(Cashewbert)」を立上げ
ヴィーガンチーズの製造、その培養器・材料・道具の販売をしています。
アンダーソン氏のヴィーガンチーズへの情熱は、彼のチーズを通して周囲を驚かせます。

当ワークショップでは、工業的なチーズではなく無添加のチーズを熟成するための説明がなされました。

アンダーソン氏は、カシューナッツから作ったチーズの製造工程を専門的に説明し、
発酵のサイエンスに関して重要な点を日本語訳された17ページのテキストと共に伝授しました。

炭水化物は酸度を生み、タンパク質は凝乳になる、そして脂質は風味を深くなるという
三大要素の機能が説明されました。
発酵食品を良く作るためのバクテリアやカビが担う機能も解説されました。

今回は、発酵の説明に限らずカマンベールチーズとブルーチーズのレシピも公開されました。

photo: カマンベールチーズ

 

発酵の説明後には、皆様が楽しみにしていたチーズの試食をして頂きました!

全てカシューナッツから作られたカマンベールチーズ、ブルーチーズ、
さらにフレッシュチーズ、ヨーグルトの試食をして頂きました。

発酵のおかげで、ガビの付いているカマンベールチーズ、ブルーチーズは風味が深く濃厚でした。

Photo: ブルーチーズ

乳成分や、哺乳類の胃から出る酵素レンネットも使わないヴィーガンの食品であるのに
伝統的なチーズを再現できることに、皆様驚かれたのではないでしょうか。

酸度の良いクリーミーなハーブが入りのフレッシュチーズは、パンやフルーツジャムとも良く合いました。

チーズより早く熟成ができるヨーグルトの甘みも絶妙でした!

試食時間には、参加者の皆さんは熱心にアンダーソン氏に質問したり、会話を楽しんだりされていました。

Photo: レクチャー

当初第一部のみの開催予定でしたが、告知当日に定員に達したため短縮版で第二部も開催致しました。
参加者の方も和気あいあいとした雰囲気を作って頂き、ありがとうございました!

今回人数制限のためご参加が叶わなかった方も、英語ですがCashewbertのウェブサイトをご覧ください。
Anderson氏が色々な情報を発信しています。

皆さん、ご参加頂きありがとうございました!
これから美味しいヴィーガンチーズを作りましょう!

Photo: 第一部のみなさんと

 

カシューバーツWebサイト:https://www.cashewbert.com/en/