ベジタリアン・ヴィーガン認証 2018-12-29T12:13:42+00:00

特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパンでは、ベジタリアン・ヴィーガン認証を行っています。

弊法人の定める基準を満たすお料理を提供されている飲食店および製品に対し、認証しベジタリアン認証マークまたはヴィーガン認証マークの使用を承認させて頂いております。

認証マークには、以下の種類がございます。

【製品(飲食料品)用】

・VEGAN:ヴィーガンの製品
原材料に肉魚介乳卵はちみつ、それらに由来する物を含まない製品

・VEGETARIAN -NO MEAT NO FISH-:ベジタリアンの製品
原材料に肉、魚介、それらに由来する物を含まない製品

【飲食店用】

・VEGAN ヴィーガン ベジタリアン対応 Mark:
This mark can be applied for any restaurant with vegan main menu.

*弊法人が定めるベジタリアン・ヴィーガンの基準につきましてはページ下部をご一読ください。

ベジタリアン・ヴィーガン認証マークへの
詳申請方法、規約、費用など詳細は、メール(contact@vegeproject.org)より
お問い合わせくださいませ。

マークの意義

☑ 一目でベジタリアンまたはヴィーガン対応と伝えられる

求めている人たちがお店や商品を見つけやすくなる

☑ 誰かのベジタリアンやヴィーガンを知るきっかけになる

認証マーク使用のメリット

☑ 新しいお客様の獲得

海外からの観光客や留学生、赴任者が増える中、さらに日本国内でもベジタリアン・ヴィーガンへの関心が高まる中、ベジタリアン・ヴィーガン対応の需要は大きくなっています。
ベジタリアンの人だけではなく、その家族や友人あるいはビジネスパートナーといった食事を共にする方々がベジタリアン対応を求めています。

☑ 社会貢献の1つとしてのPR

ベジタリアンやヴィーガン食は、人の健康だけではなく地球環境や動物にも優しい食事です。
人や社会的な側面にもベジタリアン・ヴィーガン対応を通して配慮していることをPRできます。

☑ WEBやSNSでも宣伝

弊法人の運営するウェブメディア、ベジマップ、SNS媒体を利用して商品やお店の紹介をさせて頂きます。

利用者の声

ベジタリアン・ヴィーガンの消費者からの声

Aaya. F (日本)

ヴィーガンマークが付いていたら、まず目に入ります!
商品だったら手に取りますし、レストランだったら入りたくなります。
この商品をこれからも置いてほしい、ヴィーガンマークをつけてほしい、とお店にリクエストを出したこともあります。

Mark. M (オーストラリア)

ヴィーガンマークが付いている商品やレストランを見つけると嬉しくて、人に勧めたくなる!

Daniela. L(メキシコ)

認証マークの付いていると、それが絶対ベジタリアン、ヴィーガンの商品やレストランなんだって信頼できて、とても助かります。

Masa. O(日本)

ヴィーガン商品を作られただけではなく、そこにきちんと認証マークを表示してくれる企業やお店。
この認証マーク付きの商品やお店には、ヴィーガンに対する優しさが込められているようにも思います。

認証マーク使用者からの声

学校法人上智大学

留学生をはじめ多様な学生が在籍している上智大学では、学内の3つの食堂でヴィーガン・メニューを提供しています。
ヴィーガンマークがあると、ヴィーガンの学生が安心して食べられるメニューがすぐに分かるので、とても役に立っています。
学食のヴィーガン・メニューは、ヴィーガンでない学生たちにも人気です。

株式会社日本ばし大増

認証マークを商品に記載したことによって、お客様へ分かりやすくアピールできていると思います。
以前より肉・魚・卵・乳を使用しない駅弁を製造しておりましたが、この商品の特長をお客様により分かりやすく伝えたいと考えていたときに出会ったのが認証制度でした。
マークを商品に記載し始めると、注目して頂くことが増え以前に比べ商品の認知度が上がってきていると感じています。

ベーカリーチェーン ポンパドウル

「本格的なカレーでパン生地も美味しい。」 など、「美味しかった」という声を数多く頂戴しています。
また、「定番化と他のヴィーガンパンの商品開発」を望む声も届いています。
「ヴィーガンになってから初めてのカレーパン」「ヴィーガンでカレーパンは諦めていました」「10年ぶりにカレーパンを食べた」など、カレーパンを作った事にもお褒めの言葉を頂きました。

ベジタリアン・ヴィーガン認証マークへの
詳申請方法、規約、費用など詳細は、メール(contact@vegeproject.org)より
お問い合わせくださいませ。

弊法人が定める、食におけるベジタリアンおよびヴィーガンの定義とその他

・ベジタリアン:原材料として、肉、魚介類、それらに由来する物を含まないことが確認できたものをベジタリアンと定義致します。
揚げ油に関しては植物油であっても肉、魚を同じ油で揚げていない事とします。
製造過程における、同じ設備・食器での動物性食品の使用の有無、動物性器具の使用に関しては把握しないものとしますが、コンタミネーションがある場合は明記することを義務付けております。
多数存在するベジタリアンという定義と弊法人認定の当マークにより認証される定義が必ずしも一致するものではありません。

・ヴィーガン:原材料として、肉魚介類卵乳製品はちみつ、それらに由来する物を含まないことが確認できたものを、ヴィーガンと定義致します。
揚げ油に関しては植物油であっても動物性の食品を同じ油で揚げていない事とします。
またアルコール商品および砂糖(原材料に使用の砂糖も含む)に関しては、精製・加工過程に動物由来の物質を使用していないこと、および製品自体の開発時に動物実験が行われていないことも確認させて頂きます。
製造過程における、同じ設備・食器での動物性食品の使用の有無、動物性器具の使用に関しては把握しないものとしますが、コンタミネーションがある場合は明記することを義務付けております。
多数存在するヴィーガンという定義と弊法人認定の当マークにより認証される定義が必ずしも一致するものではありません。

アレルギー物質の詳細情報につきましては、各製造メーカー、お店にお問合せくださいませ。

弊団体は、承認したメニュー・商品に関して定期的な原材料の確認を行います。また、承認した製品やメニューに原材料の変更がある際は、認証先の企業様、店舗様からの弊法人への通知を義務付けております。もしも原材料にベジタリアン・ヴィーガンと呼べないものが含まれることとなった場合、認証の取り下げを致します。

ご不明な点やご質問等ございましたら、メール(contact@vegeproject.org)にてご連絡頂きましたら、回答させて頂きます。
宜しくお願い致します。

ベジタリアン・ヴィーガン認証マークへの
詳申請方法、規約、費用など詳細は、メール(contact@vegeproject.org)より
お問い合わせくださいませ。