ベジタリアン、ヴィーガンの需要は世界中で高まり、国内でもベジタリアン、
ヴィーガンの選択肢づくりに当法人がご協力させて頂く機会も増えて参りました。

そんな中、国内の某団体が当法人や当法人の行う事業について、認証機関では
ない、国際基準ではない、曖昧なヴィーガン認証等とする発信、および某団体
こそが国際基準を満たす団体だなどとする独自の主張を行っています。

この行為について以下の資料にて当法人の見解をお伝えし、謂れ無き批判である
ことと当法人の見解をご説明いたします。

某団体が行っている当法人への批判に関するご説明 190917

当法人は、今後も世界のヴィーガン関連団体や、国内外のヴィーガンの団体、
企業、個人の皆様との意見交換を続け、適切に対応して参ります。
当法人の考え方や姿勢に賛同してくださる企業様や消費者の方と、今後も
ヴィーガンの選択肢を増やす取組みをご一緒させて頂きたいと考えております。

何卒、宜しくお願い申し上げます。